謎の書物「亞書」を追っていたらとんでもない結末になったでござる / このまま都市伝説化しそうなレベル – ロケットニュース24

「亞書」についてラジオで話していたのだけど聞き損ねてしまったので、

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。



謎の書物「亞書」を追っていたらとんでもない結末になったでござる / このまま都市伝説化しそうなレベル – ロケットニュース24

謎の書物「亞書」を追っていたらとんでもない結末になったでござる / このまま都市伝説化しそうなレベル
ロケットニュース24
単体では意味をなさない文字。その文字の組み合わせで作られた文章には、人を感動させたり人生観を変えたりするほどの力がある。そしてそんな文章の宝庫である本は、さながら1つの宇宙だと言えるかもしれない。本とは不思議なものである。 現在、「亞書」という本にまつわる …

and more »


記事引用元
謎の書物「亞書」を追っていたらとんでもない結末になったでござる / このまま都市伝説化しそうなレベル – ロケットニュース24

 

--> 『亞書』を楽天市場でさがす



コチラにも記事があったよ。



無意味な文字を羅列した高額書が国立国会図書館に納本される – 財経新聞

無意味な文字を羅列した高額書が国立国会図書館に納本される
財経新聞
問題となっている本は、「亞書(あしょ)」(りすの書房)という書名で、A5サイズ480ページの中にギリシャ文字やローマ字などを無作為に打ち込んだだけのものだという。1冊当たり定価6万4800円(税込)で、全132巻(予定)の内112巻が発行済み、78巻までが納本された。



記事引用元
無意味な文字を羅列した高額書が国立国会図書館に納本される – 財経新聞

「亞書」は楽しいのかな。

また調査するね。

(@^^)/~~~