「中東のパリ」で何が起きているのか――2015年11月12日のベイルートのテロ事件を考える – 末近浩太 / 中東地域研究 – BLOGOS

「牙城の由来」についてダチが話していたので興味を引いているんだ。

ちょっと調べてみたらこんな記事があった。

「中東のパリ」で何が起きているのか――2015年11月12日のベイルートのテロ事件を考える – 末近浩太 / 中東地域研究
BLOGOS
もしパリであの凄惨な同時多発テロ事件が起こらなかったら、大きな関心を集めることなく忘れ去られていたかもしれない。いつものように。 2015年11月12日の夕方、レバノンの首都ベイルートを襲った爆弾テロは、43人もの一般市民の命を奪った。負傷者は少なくとも239人、大 …

記事引用元 : 「中東のパリ」で何が起きているのか――2015年11月12日のベイルートのテロ事件を考える – 末近浩太 / 中東地域研究 – BLOGOS


マイナビニュース

【レポート】岩手発!休耕田からエタノール!ある企業が目指す地域循環型ビジネスと注目の女性起業家
マイナビニュース
製品自体のコンセプトもさることながら、今までの酒井さんの活動と、手作り、無農薬、少量生産といった商品に対する信頼、そして、製品の由来がしっかりしているという点が大きく評価されたためだ。酒井さんの社会貢献を含む一連の活動が、商品として価値を高めたともいえるだ …

and more »

記事引用元 : 【レポート】岩手発!休耕田からエタノール!ある企業が目指す地域循環型ビジネスと注目の女性起業家 – マイナビニュース

「牙城の由来」はおもしろいね。

また調査するね。

(@^^)/~~~